『MINIっ記』避難所⑤

1254383577_0.jpg

秋の風が吹きはじめた今日この頃、皆さん いかがお過ごしでしょうか?そんな秋の風に乗せ お届けするのは… 久々の登場 『MINIっ記』避難所だっ〜!!って、盛り上がってるの 僕だけか!?(泣)
さて、本題に入ります。
もうすぐ終わろうとしている、今年の夏の出来事です。僕の家は 夜、仕事から帰って来ると家の前の道をイノシシが走り回っていることがよくある山の中なので「鹿、キジ、ウサギ、ホタルなど」なんて動物は日常 よく見かけます。ある夜、帰宅し 玄関のドアに手を伸ばした時 只ならぬ気配を足元から感じました。暗い中よく見てみると なんとそこには 蛇が蜷局を巻いて寝ているではないかっ!?全長20センチぐらいの子供でしたが立派な「マムシ」でした!これはアカンと思い、戦うのか?逃げるのか?追い払うのか?瞬時に色々と考えましたが、昔から蛇は 家に住みつくといいとかアカンとか 神の使いやなんやと言われてるみたいやしと 「一晩寝たらどっか行くやろ?蛇も、疲れて 偶々寝た所が俺の家の玄関やっただけで 蛇にも蛇の人生があるわ」と思い静かに家に入ることにしました。もし、明日の朝も玄関にいたら 戦いを挑もう!「それが、俺と蛇との宿命だ」と堅く誓い 寝ました。
翌日、棒を片手に恐る恐る玄関を開けてみると幸いなことに蛇の姿はありませんでした。「蛇は、自分の人生を歩き出した」っと、変なん満足感と 自分の命が助かった安心感で 嬉しさが込み上げてきました(笑)。
しかし、この事件に は続きがあったのです!!
この事件から2日が経ったある日、いつも通り出勤しようと家を出て 50メーターぐらい走った所でお爺さんが大型のスコップを持って溝でなにか しているのでした。気には なりましたが、出勤前なのでスルーしようとした時 お爺さんに呼び止められました。「これ見てみっ!これっ!」と凄い勢いで迫ってくるので仕方なく、MINIを止めて 降りてみると「これ見てみいっ!悪さしよるっ!悪いやっちゃっ!」と溝の中に大型スコップを突っ込んでいるので 覗き込んでみました。すると そこにはっ!?
寸刻み(一寸間隔で刻むこと。ちなみに一寸は約3,03センチ)になったマムシの姿がっ!!全長20センチぐらいの子供でしたがマムシでした!?っん!?って、このマムシ 2日前に玄関に寝てたマムシやっ!絶対 間違いないっ!
これが、このマムシの「人生」かっ!?「運命」かっ!?「宿命」かっ!?
寸刻みのマムシを見た時 思わず「あぁ〜ぁ」と溜め息混じりの声を出してしまいました。そして、この溜め息を乗せた秋の風が夏の終わりを告げるのでした…