『MINIっ記』避難所② その3

1248743904_0.jpg

これは、飛騨高山市街にあった横断歩道の歩行者用信号機です。
残り秒数が出る歩行者用信号機は大阪にあり有名ですが、残り秒数がバーで表示されるのは初めて見ました!
信号機が赤になると、全てのバーが赤く光り 一定時間ごとに上から一個づつ消えていき 全てのバーが消えると青になり 歩行者がスタートします。ファミコン世代の僕としては、妙にテンションが上がります!なんか楽しくて、時間も忘れて10回ぐらい見てしまいまた。
しばらく見ていて、『あっ、行かなくてはっ!』と思い全てのバーが消えるのを待って青になった瞬間っ!
握り拳の右手をあげながら、横断歩道のシマシマの白の上だけをぴょんぴょん跳びながら渡っている自分に気づきましたっ!!
注意・この話は、100%の山本個人的な意見と68%の実話を元に構成されております。